6/11 更新 コーチJRFU有資格者へのガイドライン・プログラム等 資料を追加します。

JRFU有資格者の皆様へ

新型コロナウイルス感染症により、指導者の皆様もこれまで経験したことのないシーズンをお過ごしのことと思います。
5月31日付で日本ラグビーフットボール協会の新型コロナ危機管理チームより「ラグビートレーニング再開のガイドライン」及び「日本協会主催大会再開プログラム」の通達が出されましたので、ご案内いたします。

JRFU通達「ラグビー競技再開に向けて」 https://www.rugby-japan.jp/news/2020/05/31/50483 
JRFU通達「日本協会主催大会再開プログラム」https://www.rugby-japan.jp/news/50484
JRFU通達「ラグビートレーニング再開のガイドライン」https://www.rugby-japan.jp/news/50486

新型コロナウイルス関連のお問い合わせはこちら https://forms.gle/devD6rwVN3GdYVeCA
※新型コロナウイルスの通達に関するお問い合わせはコーチング部門ではお受けできませんのでご了承ください。

<新型コロナウイルスに関連するコーチング資料> 
普及育成委員会コーチング部門では、新型コロナウイルスへの感染拡大予防を踏まえた状況下での指導のヒントやラグビー復帰へのリコンディショニングに関する資料等を作成いたしましたので、ここに整理して情報提供させていただきます。

下記の資料は下記のリンクよりお進みください。 
https://www.jrfucoach.com/2020/06/01/新型コロナウイルス関連各種コーチング資料/

◆「COVID-19に伴うトレーニング活動自粛からトレーニング再開に向けたリコンディショニングに関するガイドライン」
◆「オンラインで行うコーチングの可能性」
◆ワールドラグビー「新型コロナウイルスについてのオンライン学習システム」(日本語あり)
◆ワールドラグビー「プレー再開(RTP)のガイドライン」(日本語あり)

新型コロナウイルス感染症拡大防止のためにラグビー活動を自粛していた選手は、想像以上に体力が低下しています。
体力や筋力が低下した状態で急に激しい運動をすると怪我のリスクが高まります。
引き続き、感染拡大予防に留意しながら、指導者が正しい知識をもって、慌てず、焦らず、安全第一で活動していきましょう。

JRFU普及育成委員会コーチング部門

コーチのみなさまには、新型コロナウイルス関連特別措置として、オンライン講座受講でセーフティーアシスタント(SA)およびスタートコーチ等の資格取得が可能となりますので、お知らせします。

※資格をご検討の方や受講された方は、担当事務局までお知らせ下さい。

詳細は、日本協会JRFUコーチネット https://www.jrfucoach.com/
特別措置の内容については、日本協会2020年4月27日発信(通達)講習会についてのお知らせをご確認ください。

ご参考(資格・受講について) 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください